EDpedia

勃起不全(ED)の改善にはいくつかの方法がありますが、最も簡単に出来る方法としてED治療薬を使うのが良いでしょう。

ED(勃起不全)の改善方法

EDの改善方法

ED(勃起不全)は現代社会において年々増加している男性の生理病です。これは時代背景が深く関係していて、今の日本はストレス社会と言われていることなどが上げられます。そもそもEDは加齢や衰退といったことがらが原因で30代後半から発症する確率が上がるとされていましたが、現代では加齢や衰退といった原因の他に様々な要因が存在しています。

もし、自分がEDになってしまったら・・・?と考える男性は殆どいないと思いますが、そう考えていながら実は自分がEDであることに気付いてないだけ!という可能性もあります。今の日本の男性のうち4人に1人、3人に1人はEDと言われているのが現実です。

どうしてこんなにもEDの男性が増えてしまったのでしょうか?そしてそんなEDに自分がなってしまったらどうしたら良いのでしょうか?

ここではEDになってしまった場合、そのEDになってしまった原因から改善方法をご紹介していきたいと思います。EDの改善方法をしっていれば、万が一自分がEDになってしまってもすぐに対応することができるので、是非正しい知識を身に付けておいてください。

心因性EDの改善方法

心因性EDはEDの中でも最も多い原因とされていて、ED患者全体のおよそ8割が心因性EDに該当します。心因性EDは治療するのに時間がかかるケースが多く、負のスパイラルに陥る可能性も高い厄介な原因です。もちろん個人差があり、数週間で改善される場合もありますが、悪化している場合は改善に数か月~数年かかります。

そんな厄介な心因性EDになってしまった場合、どのように改善するのが良いのかをご紹介していきます。まず、改善する方法を知るにあたって重要なのがEDになってしまった直接的な原因を知ることが大切です。原因を把握し、改善方法をも模索していくことが一番の近道になるので、まずは焦らずに原因を究明するようにしましょう。

心因性EDは主に精神的なストレスが影響してEDを発症します。その要因は人それぞれで、職場ストレスや新婚のプレッシャーがほとんどです。職場のストレスが心因性EDの要因となっている場合は、職場でのストレス軽減を図ったり、ストレスを溜めないように休日に積極的にストレスを発散するようにしないといけません。可能であれば有給などを有意義に使い、仕事とは無縁の場所でのんびり過ごすなんていうのもとても効果的です。ストレス社会と言われる今の日本で、仕事でストレスを受けないで過ごすなんていうことは職種にもよりますが、ほとんど難しく、その中で上手にストレスと付き合わなければなりません。ストレスと上手に付き合うことができれば、自然とEDも改善されてきます。

新婚のプレッシャーの場合は、ストレスにも似ていますが、若干違います。結婚して子供を授かる際に性行為は必須ですが、その性行為はそもそも本能にしたがって相手を求める行為です。ところが、計画的に子供を授かろうとすると、どこか義務のような、作業的な行為の一つになってしまいます。その状態でなかなか子供が授かれないと、どうして?という疑問が湧いたり、両家親族から子供はまだなのか?とプレッシャーをかけられます。

そうなってくると追い込まれていく男性にはかなりのプレッシャーがかかり、性行為が重荷に感じてしまいがちになります。そうなってしまうと深層心理的に性行為を拒絶、結果として勃起現象すら起きなくなってしまうのです。新婚のプレッシャーにより心因性EDになった場合に改善する方法はパートナーの協力や配慮がとても重要になってきます。

もし新婚のプレッシャーが原因で心因性EDになってしまったとしたら、その時はパートナーに告白し、理解してもらい、協力してもらうようにしましょう。夫婦のペースで、急かさずに、そして自然に性行為を行うようにしていくことが改善するための第一歩であり、最善策です。

器質性ED(加齢性・衰退性)の改善方法

器質性EDの加齢・衰退性EDは年齢とも関係があるため、男性であれば誰でも避けては通れない道でもあります。そんな加齢性・衰退性EDの改善方法をご紹介します。個人差はあるものの一般的には30才後半ぐらいから陰茎の勃起現象に違和感を覚え始めると言います。筋力の低下、血管の老化、性欲の減退といった年齢を重ねていく上では仕方がないことがらが影響しています。

よく「年には勝てない」という言葉を聞きますが、まさにそのままの意味です。しかし、中年から年配の男性すべてが加齢・衰退性のEDになるわけではないのです。筋力の低下、血管の老化、性欲の減退、この3つを衰えないようにすれば良いという単純なものです。分かりやすい例でいうと、アスリートと呼ばれる人は50才を越えてもなおEDとは無縁と聞きます。

それは身体を常日頃から鍛えているが故に、筋力は低下せず、新陳代謝も良いため血管の老化も予防し、さらには性欲も溢れんばかりの状態を維持しているのです。つまり、身体を常日頃から適度に動かしておくことができていれば、そもそも加齢や衰退が原因でEDになることはありません。

もし加齢や衰退が原因でEDになってしまったのであれば、一日に30分程度でも良いのでしっかりと体を動かす時間を確保し、健康促進、筋力の維持に努めるようにしましょう。これはEDに限らず健康という体が資本という意味でも非常に重要です。

器質性ED(生活習慣)の改善方法

器質性EDになる要因の一つで最も多いのが生活習慣です。日本と言えば「過労死」というイメージを海外の人から持たれていた時期もあるくらい、日本人は真面目で勤勉です。しかし、仕事が真面目すぎるあまり自分の生活すら犠牲にし、それが原因で毎日の生活習慣が乱れている人が急増しているということも悲しいかな事実です。仕事が忙しくプライベートはおろか、食事の時間や睡眠時間といった休息の時間を削るしかなく、それは結果として大きな代償を伴います。

食事や睡眠というのは日本人どころか人間にとってはこの上なく重要で、これらが不十分であるとEDどころか体調を崩してしまいます。放置すると生活習慣病やその他の病気を発症する可能性もあるので、生活習慣が原因でEDになってしまった場合は少しでも早く改善するようにしましょう。この場合、原因がそのまま改善方法と言っても過言ではありません。

まずは、生活習慣を見直すことが大切です。食事については規則正しく食事を摂るようにしましょう。もちろん、ライフスタイルの関係で一日三食とることが困難であったり、サービス業などで毎日決まった時間に食事をとることができないなんていう人も少なくはありません。そういう場合でも、食事を摂る際のバランスには気をつかうようにしましょう。

偏食があるといつも決まった栄養素しか取ることができず、非常にバランスの悪い食事となってしまいます。1種類でも多く、なるべく多くの食材を取り入れられるように気をつかうようにしましょう。

睡眠についてもできることなら毎日決まった時間に就寝し、決まった時間に起床するのが望ましいです。睡眠は取り過ぎても良くないなんて話を聞きますが、睡眠不足よりはいくぶんも良いです。最低でも6時間以上の睡眠が望ましく、もし仕事柄まとまって6時間以上睡眠時間の確保が難しい場合は休憩などを利用し、なるべく睡眠を取り休息をとるようにしましょう。人間は睡眠時にしか放出しないホルモンや、活動しない神経などが存在し、それらもまた睡眠不足に陥るとバランスが悪くなり、EDのみならず様々な異常をきたします。

タバコやアルコール類に関して言えば、タバコは禁煙するのが望ましいです。ただしいきなり禁煙をしてストレスを溜め込むくらいなら少し本数減らすなどしても効果はあります。アルコールは適量であれば問題ありませんが、過剰摂取は身体に良いことはありません。むしろ適量であれば血行が良くなり、リラックスの効果もあるので勃起現象を起こしやすくなる期待はできます。

生活習慣が原因でEDになる場合は、生活習慣病やもっと重篤な病気を発症する身体からの警告と考え、EDの改善はもとより健康第一ということを考えて日々生活をするようにしましょう。

器質性ED(神経系の障害)の改善方法

神経系の障害が要因となって器質性EDを発症している場合は、単純に神経に異常をきたしている病気やケガを改善するしかありません。勃起現象は脳から送られる性的な刺激を神経を介して陰茎に伝達していますが、神経障害を起こすと刺激の伝達ができなくなってしまうためEDになってしまいます。

神経系に障害が出る可能性がある病気は主に脳血管障害、パーキンソン病、脊髄損傷や脊髄神経の障害、膀胱ガン(摘出手術)や前立腺ガン(摘出手術)、末梢神経の障害などが上げられます。これらの病気やケガをした場合は、高い確率で神経系のEDになる可能性が高いです。

またこれらは元となる原因を治療し回復させた上で療養する事でEDも自然に回復していくものと考えてられています。改善方法という点は、担当医師の指示に従い、まずはしっかりと病気やケガを治療するということが地道ですが一番の近道です。

器質性ED(手術や外傷)の改善方法

ケガなどによって陰茎に傷ができたり、下半身付近を手術したり、先天性の奇形が合った場合、骨盤やその周りの部位における手術などの影響でEDになる場合があります。これは殆どの場合は医療機関などできちんとした治療を施すことで回復し、結果としてEDも改善されます。こればかりは個人で改善する方法というのは具体的になく医師の指導のもとまずは、回復を優先させることがとても重要です。あえて言うのであれば大けがなどをしないように日頃の生活を気をつけることが大切です。

混合性EDの改善方法

混合性EDは読んで字の如くで、いくつかの原因が重なってEDを発症しているケースです。ほとんどの場合は心因性EDと器質性EDのいずれかが重なっている場合が多いですが、最も多いのは心因性EDと生活習慣が関係しているケースです。

ストレス(心因性)と生活習慣(器質性)は非常に近しい関係がり、社会人であれば誰しも経験があることです。分かりやすく言えば、「仕事が忙しい」というのは「精神的負荷(ストレス)」であり、それは「生活習慣の乱れ(偏食・睡眠不足)」を引き起こす可能性があるからです。そして混合性EDは様々な事柄が関係しているため原因を特定するのが素人目では難しく、結果として改善方法も定まりにくいため非常に厄介です。

もし自分がEDかもしれないと感じたら、まずは上記で紹介している「心因性ED」の特徴と「器質性ED」の特徴で自分に当てはまるものがないかを落ち着いて分析することから始めることが改善への第一歩です。そして、もし複数該当する原因があり、混合性EDだと思ったならば、一番のポイントとして「深く考えすぎない」ようにしましょう。

深く考えすぎると、EDであることが「悩み」「不安」に繋がり、それは精神的なストレスへと変わります。つまり心因性EDを引き起こしやすい状況、EDでありながらEDを引き起こしてしまう原因を作る(悪化させてしまう)負のスパイラルとなってしまうのです。こうした負のスパイラルを引き起こすと、改善までの道のりは遠のいてしまいます。酷い場合だとそのままうつ状態を引き起こすことすらあるので、デリケートな内容なだけに人には相談しにくいかもしれませんが、勇気を出して、パートナーや気心が知れた友人などに相談し、少しでも精神的な負荷を軽減することを考えましょう。

改善する際の手順としてはまずは精神的なケア(ストレス軽減)で心因性EDの要因を改善しつつ、当てはまる器質性EDの要因を取り除いていくというのがシンプルで分かりやすいです。

もちろん、あくまで例え話ではありますので、近くに専門のクリニックなどがあればそちらで治療をうけ医師の指導のもと改善するのも一つですし、自分一人でいろんな改善方法を試すというのも一つです。EDの原因や要因というのは体質や環境など個人差があるので、紹介した改善の方法はもちろん参考にして頂ければ幸いですが、ご紹介した方法以外にも自分がやりやすいと感じる改善方法で行うというのも得策ではあります。

薬剤性EDの改善方法

薬剤性EDは常用している薬が原因でEDになってしまう現象です。持病や病気など何かしらで薬を服用しなければならないケースというのがあったとして、その薬に含まれている成分の関係でEDになってしまう場合があります。この改善方法は個人で改善するというよりは、その常用薬を処方している担当医に相談するのが一番現実的な改善方法です。

常用している薬にもよりますが、医療が発達している現代においては、同じような効果がある薬というのが多数存在しているケースがあります。常用している薬と同じような効果を持つ薬で、EDにならないような薬がないか、その薬を処方してもらえるかどうかを担当医に確認しましょう。担当医が可能と判断すれば、提案してくれたり、要望にそった薬の処方をしてくれる事でしょう。万が一、担当医の方で不可と判断すれば、その場合は持病を治療し、その常用薬を服用しなくても平気な状態に回復するしか方法はありません。間違っても医師から処方されている薬を自身の判断で勝手に中止したりすることは絶対に止めましょう。

薬による改善方法

EDの原因に応じた改善方法をご紹介してきましたが、EDを「治療する」となると原因によっては長期間にわたって治療をしなければならないなんていう可能性もあります。しかし、そんな長期的な治療をじれったく感じる人も多いのではないでしょうか?そんな時は一時的にではありますが、改善する方法があります。それが薬による改善方法です。

ED薬と言われるもので、代表的なものだとバイアグラが有名です。男性なら一度は聞いたことがあるであろうバイアグラは病院や専門のクリニックで処方してもらうことができますが、保険適用外となり実費負担になるので注意が必要です。また、バイアグラの他にもレビトラやシアリスといったED薬が日本国内の病院やクリニックで入手可能です。

これらED薬の効果は簡単に説明すると有効成分が血管に作用し、勃起を促す効果があります。これはバイアグラ・レビトラ・シアリスどれをとっても根本的な勃起を促すという効果は一緒で、違いは作用するまでの時間や効果の持続時間、価格、主成分が異なります。どのED薬も病院やクリニックによって価格は異なりますが、おおよそ1錠1300円~1600円前後となっています。

正直「高い」と感じる人の方が多いと思います。ましてや、病院やクリニックに行かなければならないという手間も考えると、少し腰も重くなりますよね。そんな人に朗報です。個人輸入という言葉はご存知でしょうか?なんとなく意味は分かるけど具体的には…という人の方が多いと思います。簡単に言えば、禁止薬物の規制対象となる医薬品でなければ、海外で購入した薬を国内の持ち込むことができるということです。これは実際に海外に行って、購入しても良いですし、海外から通販で購入することも可能で、上記で紹介したバイアグラやレビトラ、シアリスなどももちろん通販で購入することができます。「でも英語分からないよ?」という男性!心配はいりません。

海外で日本人向けに作成されている医薬品の個人輸入代行サイトというものが存在します。サイトも電話対応もすべて日本人が対応しているため、普段利用している通販と同じような感覚でバイアグラなどの商品を購入することができます。さらに、通販であれば日本では取扱いがないバイアグラやレビトラやシアリスの「ジェネリック医薬品」を購入することも可能です。病院やクリニックに比べ、価格もかなりお求め安くなっているだけでなく、種類も豊富、そして何より通院の手間などがないというメリットがあります。国内の通販を利用したことがある人にとってはED薬の通販はとてもおすすめです。

ただし、医師から処方されるわけではないので、服用にあたっては自己責任であることを予め理解しておく必要があります。また、EDの原因によっては服用しても効果がなかったり、服用してはいけない場合があったり、薬剤性EDなどにおいては併用禁忌薬(一緒に飲んではいけない薬)に該当している場合があるので、注意が必要です。

ED薬の服用は手軽でEDを一時的に改善することができますが、あくまで「一時的」なので、根本的な治療にならないことは理解しておかなければなりません。根本的に治療してしまえばED薬を服用しなくても性行為は可能ですし、何より費用がかかりません。どうしてもという場合は、根本的な治療はしっかり続けながらも、必要なときにのみED薬を服用するようにしましょう。