EDpedia

ED(勃起不全)について分かりやすく解説

ED(勃起不全)とは

EDとは

EDとはErectile Dysfunctionの略で、男性の性機能障害の一つです。日本語では「勃起不全」「勃起障害」と表記されることがほとんどですが、少し前の世代だとインポテンツ(インポ)などとも呼ばれていました。しかしインポテンツという記載に関しては差別的な要素も含む事から、現代ではほとんど使用されていません。

EDの定義としては、陰茎(ペニス)が勃起しない、勃起しても維持が困難、満足な性行為ができない状態、性行為の途中で陰茎が萎えてしまうなど、これらはすべてEDと言われています。デリケートな問題であるため、あまり表だって問題視されていませんが、実際のところEDもしくは、ED予備軍の男性というのは今とても増えていて、晩婚化や少子化の要因の一端とも言われています。

ではどのくらいの男性がEDなのでしょうか?驚きの結果となりますが、EDとその予備軍を含めますと男性の4人に1人はEDという数値が出ています。しかも、これは少なくとも4人に1人という計算で、クリニックや専門機関を受診していなかったり調査の対象となっていない人が存在していると過程すると3人に1人はEDの可能性があるという結果となっています。人数にすると男性人口6000万人のうち1500万人~2000万人がEDまたはED予備軍であるということです。これだけの人数がいれば、それは少子化などの要因の一端と言われてもなんら不思議ないように感じてしまいますが、果たしてそんなにいるのか?と本当に疑問が残ります。自分の親友が3人いたとして、そのうち1人はED、会社の同僚に男性が15人いたら3人か4人はEDなんてそんなことある?と思ってしまいますよね。

ここで一つ紹介したいのが、上記で紹介したEDまたED予備軍の人数1500万人~2000万人の男性の中で、自分がEDである、ED予備軍であると自覚している人がどのくらいいると思いますか?これもまた驚くことにわずか3割程度の男性しか自分がEDであると自覚していないという結果になっています。自分のことなのに分からないの?と思っているあなた、もしかするとあなたもEDかもしれませんよ?これにはEDならではの理由があり、上記でも紹介したようにEDは毎回性行為の際に陰茎が勃起しない人もいれば、日によって、場所によって、シチュエーションによっては勃起するという人もいます。

そのため、まったく陰茎が勃起しない人はEDと自覚するかもしれませんが、体調や日によって通常通り勃起して性行為を行える日もある人の場合は自分がEDだとは到底思えないのです。お酒の飲みすぎなどにより勃起が維持できない場合などはEDとは言いませんが、特別変わったことをしていない、いわゆる日常生活の中で陰茎の勃起が維持できなかったり勃起しないということが起こりうるとしたらそれはEDに含まれるのです。では、そのEDについて症状や原因、対策方法や改善方法などを詳しくご紹介していきたいと思います。

ED(勃起不全)の症状

ED(勃起不全)の症状のついてご紹介していきます。簡単に分かりやすく言ってしまえば、「陰茎(ペニス)が勃起しない」「勃起を維持できない」といった症状などがとても分かりやすいです。本来人間は視覚的興奮や物理的興奮などの効果を得ると勃起する仕組みになっていますが、それぞれ様々な身体の箇所を経由して信号が伝達されます。信号が伝達され、陰茎内部の海綿体組織に血液を送り込むことで勃起現象を起こすのですが、信号が何らかの原因で遮断されていたり、陰茎内部の海綿体組織に血液が流れ込みにくくなることで勃起現象が起きなくなってしまいます。

また、勃起現象を起こしても性行為の最中に萎えてしまう、「中折れ」と呼ばれる現象も「勃起を維持できないED」に該当します。この中折れという言葉に比較的現代の男性はピンとくることがあるのではないでしょうか?お酒が原因で在ったり、妻や彼女の見たくないところを見てしまい気持ちが急に冷めてしまい、性行為の途中で陰茎がみるみるうちに萎えていってしまうという現象です。

現代の夫婦の実態調査で夫婦で夜の営みが正常にあると回答しているのは全体の3割程度で、それ以外は俗にいうセックスレス言われる状態で、そのセックスレスになってしまっている理由としては異性として見れず、欲求が湧かない、興奮を感じなくなったなどの意見が男女共に非常に多いことが分かっています。現在自分がEDかもしれないと思っている男性は是非自分の症状がどういう症状なのか、正しく理解して早めに対策することをオススメ致します。

ED(勃起不全)の原因

ED(勃起不全)の原因についてご紹介していきますが、EDの原因は人によって異なります。人によって生活習慣や環境が異なる事から、細かく分ければ人の数ほど原因があると言っても過言ではありませんが、それでもいくつかに大別することは可能です。その場合、あくまで参考にする程度で必ずしも当てはまるものではないということは最初にご理解ください。EDの原因は大きく4つに分けられます。

  • 心因性ED
  • 器質性ED
  • 混合性ED
  • 薬剤性ED

上記の4つにわけることができ、ED患者の原因は上記のいずれかに該当します。

心因性EDは主にストレスや心配事など内面的な部分が深く影響して、それが原因でEDになってしまうパターンです。ストレス社会と言われる現代において、もっとも多いEDの原因とも言われています。

器質性EDはいくつかの要素が関係してきますが、年齢による衰退、生活習慣、ケガや病気など身体に何か悪影響を及ぼすことがらが原因となってEDになるパターンです。年齢による衰退というのは単純に生殖器の衰えや勃起現象を引き起こすのに必要不可欠な血管の老化などが影響しています。生活習慣は睡眠不足や疲れ、偏食などの影響が強いです。

ケガや病気、手術については必ずしもEDの原因になるわけではなく、例えば生殖器付近のケガや病気によって一時的にEDになってしまう場合が考えられます。混合性EDについては心因性EDと器質性EDのどちらの原因も含んでいる場合のことを言います。例えば仕事が忙しく多大なストレスを感じながらも睡眠時間も確保できず、食事も偏っているなどの場合はEDどころか体調すら崩してしまう可能性があり、早急に生活改善などを行う必要があります。

薬剤性EDは持病であったり大きな病気であったりで何かしらの薬をを日常的に服用している場合に、その薬の影響でEDになってしまうことを言います。これは単純に服用している薬を中止すればEDは改善される場合が多いですが、医師が必要と判断して処方している薬を勝手に中止するのは、持病や病気を悪化させる危険がありますので、勝手に中止する前に必ずその医師に相談することが大切です。

もし、今現在、EDで悩んでいるが具体的に原因が分かっていない人がいるとすれば、EDを改善するにはまずは正しい原因を知ることが最も大切です。改善するにはまずは元をしっかり理解して、どのように改善していくのが良いか道筋を考えるのが一番の近道です。EDでお悩みの人は是非参考にしてください。

ED(勃起不全)の対策方法

ED(勃起不全)の対策方法についてご紹介をしていきますが、EDを対策をするためには、どういったことが原因になってEDになるかを知るのが一番簡単です。上記で紹介している原因にそって簡単に解説をしていきます。

まず、ストレス社会と言われている現代ではなかなか難しいことかもしれませんが、ストレスを溜めないことが重要です。とはいえ、仕事をしていたり毎日にの生活の中でストレスを溜めないなんていうのは難しい話ですよね?ですが、ストレスを溜めていてはED以外にもうつ気味になったり、自律神経に異常をきたしたりしてしまいます。そうならないためには、まずストレスを発散できる「何か」を見つけることが重要です。

大半の人のストレス発散の方法は「趣味」です。趣味は運動やら読書やら買い物やら人によってそれぞれだとは思いますが、自分のライフスタイルに合っていて無理なく続けられる趣味をもつことでストレスを上手に発散することができます。また適度な運動は筋力や体力の衰えを防止することもでき、運動によって血管運動も促進されることから非常に効果的です。

次に重要になるのが生活習慣です。不規則な生活(睡眠不足・偏食・アルコール過飲)は日頃から控えておくとEDにはなりにくいです。しかしこれも仕事が中心で動いている日本人としては決して簡単ではなく、睡眠時間を削って仕事やお付き合いなどに時間を割かざるおえないときがあります。そうした中でも、できる限り睡眠時間を確保し、食事の際はなるべく栄養が偏らないようにバランスを食べ、お酒はほどほどにと頭の片隅で考えているだけで少しは対策することができるかと思います。

こちらもストレス同様で、あまりに状態が悪化するとEDどころではなく体調を崩してしまう可能性があるため、毎日の生活習慣をしっかり見直して生活するようにすることが大切です。さらに詳しく対策方法について知りたい方は下記をご確認ください。

ED(勃起不全)の改善方法

ED(勃起不全)になってしまったら誰しも治したいと考えるのは普通の事ですよね。ただ漠然と治そうとするよりも、原因などから効率よく改善していく方法をここではご紹介していきます。EDを改善する場合、もちろんEDになったきっかけでもある「原因」を取り除く必要があります。過度なストレスが影響してEDになっているのであれば、ストレスを発散するようにして少しずつ改善して行けば良いでしょうし、生活習慣が影響してEDになっているのであれば、毎日の生活習慣を規則正しいものに改善していくことで、自然とEDも改善の道へ向かうことになります。

人によって個人差はあり、どのくらいで改善されるかは決まっていませんが、ストレス発散も生活習慣を改善させることもそうですし、EDのみならず身体の健康を考えるととても大切なことです。面倒かもしれませんが、なってしまったものは仕方ないですし、地道に改善するために努力をしましょう。

他に方法はないのか?とお思いの男性もいることでしょう。もちろん他にも方法はあります。それはED治療薬を服用して一時的にEDを改善させる方法です。ED治療薬?と疑問が湧いてしまう人も少なくないかもしれませんが、「バイアグラ」などの薬がまさにED治療薬です。言わずと知れたバイアグラを服用することでEDを一時的に改善することが可能で、しかも現代ではバイアグラなどのED治療薬は医薬品の個人輸入を代行してくれる通販サイトで購入することができるというのだから大変驚きですし便利です。

中には人の弱みに付け込む悪徳サイトが存在していて、偽物を購入させられたりすることがありますが、ある程度の知識をもって購入すればまず偽物を買わせられることもありません。当サイトでは正規品のED治療薬が購入できる個人輸入の代行サイトをご紹介しています。もしEDの薬に興味がある方は是非参考にしてみてくださいね。